会長挨拶

新年度にあたって

公益社団法人 福岡県作業療法協会
代表理事 竹中 祐二
麻生リハビリテーション大学校

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

日頃より、福岡県作業療法協会の事業運営に、厚いご支援、ご協力を頂きまして、大変ありがとうございます。心より感謝申し上げます。

当協会は昭和57年4月に設立され、平成5年4月に一般社団法人、平成24年3月には公益社団法人へと歩みを進めて、今年度で39年目を迎えます。現在は公益に資する事業を中心に、福岡県民の皆さまの医療・介護・福祉に係る様々な事業を展開しています。今年度は、3,167人の会員で活動をスタートする予定です。

さて、今後一層少子・高齢社会が加速していきます。超高齢化社会に対応するためには、国や地方公共団体をはじめ関係機関・団体が住民と共に自助力・互助力を高め、共助力・公助力とも組み合わせた地域のケア体制を整備することが必要です。特に、市町村における地域ケア会議、自立支援事業や認知症初期集中支援チーム等においては作業療法士の活躍が期待されています。既に、市町村事業への専門職派遣には当協会から多くの会員が出向しています。今後もこれらの期待に応え、地域の保健・医療・介護・福祉施策に対応できる職能団体となるよう、今年度も様々な取組みを行います。詳細はHP等で公開しておりますのでご参照ください。

また協会では近年、地域づくりの視点をもち、障害者や地域住民、市民団体と対話を行いながら地域社会のエンパワメントのあり方を探ってきました。その成果の一例として、今年度から北九州市より「百万人の介護予防」事業を市より受託し、ひまわり太極拳やきたきゅう体操を通して介護予防の普及・啓発、自主グループの育成を行なっています。福岡市、久留米市や大牟田市でも地域独自の健康増進に係る多職種連携事業がスタートしています。近く、成果物をお示しできるものと思います。他団体との連携も、作業療法士の資質向上の機会として積極的に活用していきたいと思います。

2025年に向けて作業療法へのニーズは益々高まり、作業療法士の果たす役割は拡大しています。当協会としては、これらの期待に応えるべく、様々な取組を行います。作業療法士がやりがいを持ってそれぞれの役割を全うできるよう、支援していきたいと思います。当協会は作業療法士の皆さま、関連職の皆さまと共に、県民の安心・安全な暮らしと健康に寄与するため、より一層充実した事業を展開していきます。

令和2年4月1日

name
タイトルとURLをコピーしました